健康食品で美肌に

女の人

肌トラブルの防止のために

コラーゲンは、人の肌を構成しているたんぱく質の一種で、これが多く含まれていれば、肌の健康状態は維持されやすくなります。しかしコラーゲンの量は年をとるにつれて減っていくので、それにより肌は荒れやすくなります。具体的には、たるんでしわができたり、水分が失われて手触りが悪くなったり、くすんだりするのです。逆に言えば、コラーゲンを外部から体に取り入れれば、こういった肌トラブルを防止できるということです。そしてそのために昨今では、コラーゲンで作られた多くの健康食品が販売されています。手軽に飲むことのできるサプリメントやドリンクを始め、好きな飲み物に溶かすことのできるパウダーなどがあるのです。さらには、間食として食べることのできるゼリーやキャンディなどもあります。

低分子化で吸収率をアップ

コラーゲンは、鶏の皮や豚の足、すっぽんといった食材にも多く含まれています。そのためこれらを食べることでも、体内にコラーゲンを取り入れることが可能となっています。しかしコラーゲンはもともとの分子サイズが大きく、そのまま摂取しても、体内に吸収されないまま、排出されることがあります。そのため健康食品では多くの場合、コラーゲンを低分子化してあります。吸収率をアップさせるために、分子サイズを小さくしてあるのです。したがって鶏の皮などを食べるよりも、健康食品を利用した方が、コラーゲンを効率良く摂取できると言えます。その分美肌効果も出やすくなりますし、調理の手間がかからないため手軽です。そのため多くの人が、コラーゲンの健康食品を活用して、美肌作りをおこなっています。